タグ
#民泊ニュース
#民泊
#Airbnb・民泊セミナー
#Airbnb
#東京の民泊セミナー
#新サービスリリース
#地域ニュース
#民泊セミナー
#Airbnbセミナー
#民泊新法
#東京都
#住宅宿泊事業法
#渋谷区
#事業提携
#法規制・条例
#特区民泊
#セミナー
#海外ニュース
#民泊データ分析
#民泊データ
#Airbnbデータ
#民泊件数
#民泊分析
#民泊宿泊単価
#民泊稼働率
#調査・レポート
#民泊サイト
#大阪市
#HomeAway
#メトロエンジン株式会社
#STAY JAPAN
#株式会社百戦錬磨
#イベント民泊
#大阪府
#住宅宿泊事業法案
#観光庁
#旅館業法
#大阪の民泊セミナー
#大阪
#バケーションレンタルEXPO
#株式会社iVacation
#シェアリングエコノミー
#ヤミ民泊
#Booking.com
#株式会社インベスターズクラウド
#途家
#日本経済新聞
#BnB Insight
#大田区
#とまれる株式会社
#AsiaYo
#IoT
#株式会社オックスコンサルティング
#北区
#民泊新法案
#AirHost
#JNTO
#国家戦略特区
#株式会社エボラブルアジア
#楽天
#インバウンド
#中国
#TripBiz
#年間営業日数
#民泊ダッシュボード
#Tujia
#AirTrip
#Airporter
#楽天LIFULL STAY
#ダイバージェント株式会社
#青森県
#日本政府観光局
#TATERU Phone
#世田谷区
#比較.com
#BnB Insight北海道
#BnB Insight沖縄県
#BnB Insight福岡県
#BnB Insight京都府
#BnB Insight大阪府
#BnB Insight東京都
#弘前市
#自在客
#Agoda
#民泊トラブル
#地方創生
#Airbnb Japan株式会社
#中央区
#厚生労働省
#博多区
#簡易宿所
#エアトリ
#suitebook
#Relux
#台湾
#罰金
#無許可営業
#民泊マンション
#とまれる
#メトロデータ
#青森県弘前市
#民泊営業日数
#ブルームバーグ
#bloomberg
#バルセロナ
#ホームシェアリング
#カナダ
#アムステルダム
#民泊とは?
#ホームシェア
#新宿区
#住宅宿泊管理業者
#一般社団法人シェアリングエコノミー協会
#ニューヨーク市
#株式会社レジデンストーキョー
#営業日数制限
#梅田
#行政書士事務所
#EXPO
#キャンペーン
#東日本大震災
#短期賃貸
#閣議決定
#罰則
#SQUEEZE
#楽天LIFULLSTAY
#楽天株式会社
#マンスリーマンション
#サブリース
#民泊代行
#関西
#法律
#簡易宿所
#ホテル
#旅館業
#保険
#税金
#トラブル
#HOST BOARD
#民泊
#ビジネス出張
#ビジネス向け民泊
#神奈川県
#ラグビーワールドカップ
#民泊許可
#旅館業法許可施設一覧
#2020年東京五輪
#無許可民泊
#東京オリンピック・パラリンピック
#ロイター日本語ニュース
#民泊のサービスのあり方に関する検討会
#日本旅館協会
#2017年通常国会
#日本旅館協会関西支部連合会
#京王電鉄株式会社
#京王グループ
#KARIO KAMATA
#カリオ カマタ
#蒲田
#規制改革実施計画
#琉球新報
#沖縄市観光物産振興協会
#とまれる沖縄株式会社
#ツール
#ホテル分析
#訪日外国人観光客
#アウンコンサルティング株式会社
#個人旅行
#消費行動
#さくらまつり
#ねぷたまつり
#政府
#自民党
#地方自治体
#ガイドライン
#2020年
#EBITDA
#Fortune
#フォーチュン
#スペイン
#徴税
#モントリオール
#Luxury Retreats
#ラグジュアリー・リトリーツ
#ジョー・パウリン
#買収
#合同会社エアホスト
#AirHost Web
#株式会社農協観光
#農泊モデルづくり
#農山漁村余暇法
#Japan Farm Stay
#シカゴ
#訪日外国人客数
#みずほ総合研究所
#インバウンド消費
#一般社団法人九州民泊協会
#西日本新聞
#簡易宿所の規制緩和
#九州民泊協会
#民泊トラブル対策
#民泊トラブル対応
#syn.m2m
#maturi technologies株式会社
#マツリテクノロジーズ
#nimomin
#株式会社宅都ホールディングス
#ホテルビュー四天王寺
#民泊サービス
#インバウンド需要
#バケーションレンタルサービス
#シェアハウス
#ルームシェア
#箱根
#葛飾区
#NEST INN HAKONE俵石閣
#柴又FU−TEN Bed&Local
#NPO法人アーキペラゴ
#民泊市場
#住宅宿泊事業者
#住宅宿泊仲介業者
#TATERU
#スマート民泊
#民泊ビジネスパッケージ
#民泊仲介業者
#FNN
#総務省
#IoTサービス創出支援事業
#株式会社ピクセラ
#株式会社泉佐野モバイル
#爾後取付け式IoTシステムを用いた民泊向けIoTサービスの実証事業
#Tokyo Reasonable Stay
#レジデンストーキョー大森西
#平和島
#民泊仲介サイト
#株式会社エルグッドヒューマー
#無許可物件
#全国民泊実態調査
#トゥージア
#日本語ページ
#スマートフォンアプリ
#トラベルボイス
#京都市中京区
#自由民主党
#国会
#旅館業許可申請
#Okinawa BnB Reception
#株式会社One Note
#保坂展人
#有識者検討会
#MINPAKU.Biz
#Airstair.jp
#受験生
#ウォンテッドリー株式会社
#就職活動
#トラベルビジョン
#旅館業法の一部を改正する法律案
#田邉泰之
#一般社団法人RCF
#Ctrip.com international Ltd.
#株式会社CTRIP JAPAN
#訪日中国人観光客
#FIT
#Airbnb Open
#女性ホスト
#スーパーホスト
#ホームシェアリングクラブ
#SEWA
#世界女性基金
#Global Fund for Women
#鍵の受け渡し
#本人確認
#24-7株式会社
#ZEN LABO
#店舗
#KEY point
#PIPIhosting
#中国投資家
#荷物配送
#mistersuite
#中国予約サイト
#メトロレジデンシズ
#サービスアパートメント
#カミナリラウンジ
#宿泊の窓口
#インバウンド
#浅草
#ライフルステイ
#Loco Partners
#補助金
#トレタ
#ベルトラ
#日本春秋旅行株式会社
##民泊
##特区民泊
##ヤミ民泊
##大阪市
##旅館
#WeCat
#株式会社ライフル
#成田空港
#観光アプリ
#予約サイト
#株式会社ビジョン
#音声翻訳
#デバイス
#ili
#イリー
#民泊予約サイト
#rakuten
#楽天ライフルステイ
#核心に迫る民泊業界
#メトロレジデンス
#Grapp
#Akizero
#運用代行
#CANDY HOUSE #キャンディハウス #SESAME #セサミ #スマートロック 

【-民泊業界の核心に迫る-】シリコンバレーより日本へ。CANDY HOUSEの今後の展開と具体的戦略

2017/11/09 15:14:26

サービスについて

SESAMEについて教えてください。

色は黒、白の他にもゴールド、シルバーの4種類が用意されている

SESAMEはスマートなライフスタイルを叶えてくれる未来の鍵です。
自宅の玄関鍵にSESAMEを取り付けることで、スマートフォンのアプリ操作で玄関の鍵を開閉することができます。
SESAMEは「速い」ことに重点を置き、「3秒」で鍵の開閉という速さを追求し開発を行いました。
アメリカの玄関ドアの鍵に合わせたモデルで、アメリカの家庭の9割のドアの鍵には対応が可能です。
日本の玄関ドアの鍵の場合には現状では6割が対応可能です。
色の展開としては、白、黒、ゴールド、シルバーの4色展開となっており、特に白が人気色です。

日本での需要は今後増えていくと考えており、今まで販売は弊社のHPとアメリカのAmazonのみでしたが、11月からAmazonJapanでも販売が開始されます。
オリンピックを見据えて民泊事業への参入も力を入れていきたいと考えております。

SESAMEのご利用方法ですが、
まず、SESAMEアプリをインストールしていただきます。
認証番号や、暗証番号、ユーザー登録は不要でFacebookやgoogle連携ですぐに登録を行うことが可能です。
今後は、LINE等でもSESAMEの登録できるようにしていきたいと考えております。
SESAMEでは、履歴や入退室管理を行うことが可能です。
また、部屋数の多い建物でも部屋ごとの管理が可能となっております。
現在、世界中には3万台のSESAMEが稼働しております。
その数を増やし、更なるuser experienceを大切にしてニーズに応えることが可能な商品にしていきたいと考えております。

SESAMEはどのような用途で活用することができますか?

多くの鍵に対応していることを実演してくれた

個人のご自宅用に活用していただければと考えております。
また、民泊事業者の方にも物件管理をしていただく観点からもSESAMEを活用していただきたいと考えております。
「鍵を持ち歩く」という概念がなくなり、スマートフォンのみで家に限らずあらゆる鍵を一括管理できる未来を目指しております。
鍵を持たないことによって、不在中の家事代行サービスなどを鍵の受け渡しなしで受けることもできます。入退出時間の把握ができることで、SESAMEのオーナー様がより安心して様々なサービスを受けることができると考えております。
現在日本では、KickstarterでSESAMEのことを知ってもらった方が多く、その後口コミなどで認知が広がっていきました。
今後、AmazonJapanでも販売を始めますので、より多くの方に認知して活用いただければと思います。

SESAMEを開発されたきっかけを教えてください。

スタンフォード大学の学生証を見せてもらった

SESAME開発のきっかけとなったものは、留学先であったシリコンバレーでの出来事でした。
会計の際カードでの決済でスマートにその場を離れる人達と、小銭を探し会計にもたついている自分自身を比べた時に恥ずかしさを感じ、よりスマートに生活をするためには何が必要かを考えました。
外出時に必ず持ち歩くことが必要なものが、家の鍵、財布、携帯電話の3つです。
その中で私は、ポケットの中でゴツゴツしている家の鍵がなくなる事に注目し、開発を開始しました。
同時期にスマートフォンでの決済システムが開発され、財布・鍵の機能がスマートフォン一つに集約可能となりました。
必要な持ち物が3つから財布がなくなり、SESAMEを活用する事で鍵も無くなります。
最小限のライフスタイルを実現することができるものがSESAMEです。
SESAMEには今後より多くのことが実現可能だと確信しております。

今後について

今後の取り組みについて教えてください。

今後は国内パートナーと連携し、より多くの方にSESAMEを利用いただくような取り組みを行ってまいります。
すでにアメリカではオートメーション化が推し進められております。
日本でもオートメーション化を推し進めることができるよう、SESAMEの改良のための時間を多く取り、SESAMEユーザーの方の満足度をあげる取り組みを行っていきます。
すべてのユーザーエクスペリエンスを満たす取り組みを行ってまいります。

これからSESAMEを活用される方へメッセージをお願いいたします。

全てにおいてシンプルを重視し、セキュリテーレベルは某国家軍事用のものと同等レベルのSESAME。
鍵の開閉の手間を省き、安心安全にそしてスマートに運営ができるよう開発致しました。
民泊運営に関してはホストの方が、最終的に寝転びながらでも管理ができるようになることを目指し、日々改良を行っております。現在、週に最低1回は、Airbnbホストコミュニティに出席し、SESAMEのフィードバックをいただきニーズにあったSESAMEが提供できるよう努力を行っております。

「Open SESAME」
「開け ゴマ」

様々な家庭から聞こえてくるような世の中になることを願っております。

最後に持たせていただいたがとても軽かった

SESAME詳細はこちらamazonでも販売開始!
L line
ログインをすると掲示板にコメントができます