タグ
#民泊ニュース
#民泊
#Airbnb・民泊セミナー
#Airbnb
#東京の民泊セミナー
#新サービスリリース
#地域ニュース
#民泊セミナー
#Airbnbセミナー
#民泊新法
#東京都
#住宅宿泊事業法
#渋谷区
#事業提携
#法規制・条例
#特区民泊
#セミナー
#海外ニュース
#民泊データ分析
#民泊データ
#Airbnbデータ
#民泊件数
#民泊分析
#民泊宿泊単価
#民泊稼働率
#調査・レポート
#民泊サイト
#大阪市
#HomeAway
#メトロエンジン株式会社
#STAY JAPAN
#株式会社百戦錬磨
#イベント民泊
#大阪府
#住宅宿泊事業法案
#観光庁
#旅館業法
#大阪の民泊セミナー
#大阪
#バケーションレンタルEXPO
#株式会社iVacation
#シェアリングエコノミー
#ヤミ民泊
#Booking.com
#株式会社インベスターズクラウド
#途家
#日本経済新聞
#BnB Insight
#大田区
#とまれる株式会社
#AsiaYo
#IoT
#株式会社オックスコンサルティング
#北区
#民泊新法案
#AirHost
#JNTO
#国家戦略特区
#株式会社エボラブルアジア
#楽天
#インバウンド
#中国
#TripBiz
#年間営業日数
#民泊ダッシュボード
#Tujia
#AirTrip
#Airporter
#楽天LIFULL STAY
#ダイバージェント株式会社
#青森県
#日本政府観光局
#TATERU Phone
#世田谷区
#比較.com
#BnB Insight北海道
#BnB Insight沖縄県
#BnB Insight福岡県
#BnB Insight京都府
#BnB Insight大阪府
#BnB Insight東京都
#弘前市
#自在客
#Agoda
#民泊トラブル
#地方創生
#Airbnb Japan株式会社
#中央区
#厚生労働省
#博多区
#簡易宿所
#エアトリ
#suitebook
#Relux
#台湾
#罰金
#無許可営業
#民泊マンション
#とまれる
#メトロデータ
#青森県弘前市
#民泊営業日数
#ブルームバーグ
#bloomberg
#バルセロナ
#ホームシェアリング
#カナダ
#アムステルダム
#民泊とは?
#ホームシェア
#新宿区
#住宅宿泊管理業者
#一般社団法人シェアリングエコノミー協会
#ニューヨーク市
#株式会社レジデンストーキョー
#営業日数制限
#梅田
#行政書士事務所
#EXPO
#キャンペーン
#東日本大震災
#短期賃貸
#閣議決定
#罰則
#SQUEEZE
#楽天LIFULLSTAY
#楽天株式会社
#マンスリーマンション
#サブリース
#民泊代行
#関西
#法律
#簡易宿所
#ホテル
#旅館業
#保険
#税金
#トラブル
#HOST BOARD
#民泊
#ビジネス出張
#ビジネス向け民泊
#神奈川県
#ラグビーワールドカップ
#民泊許可
#旅館業法許可施設一覧
#2020年東京五輪
#無許可民泊
#東京オリンピック・パラリンピック
#ロイター日本語ニュース
#民泊のサービスのあり方に関する検討会
#日本旅館協会
#2017年通常国会
#日本旅館協会関西支部連合会
#京王電鉄株式会社
#京王グループ
#KARIO KAMATA
#カリオ カマタ
#蒲田
#規制改革実施計画
#琉球新報
#沖縄市観光物産振興協会
#とまれる沖縄株式会社
#ツール
#ホテル分析
#訪日外国人観光客
#アウンコンサルティング株式会社
#個人旅行
#消費行動
#さくらまつり
#ねぷたまつり
#政府
#自民党
#地方自治体
#ガイドライン
#2020年
#EBITDA
#Fortune
#フォーチュン
#スペイン
#徴税
#モントリオール
#Luxury Retreats
#ラグジュアリー・リトリーツ
#ジョー・パウリン
#買収
#合同会社エアホスト
#AirHost Web
#株式会社農協観光
#農泊モデルづくり
#農山漁村余暇法
#Japan Farm Stay
#シカゴ
#訪日外国人客数
#みずほ総合研究所
#インバウンド消費
#一般社団法人九州民泊協会
#西日本新聞
#簡易宿所の規制緩和
#九州民泊協会
#民泊トラブル対策
#民泊トラブル対応
#syn.m2m
#maturi technologies株式会社
#マツリテクノロジーズ
#nimomin
#株式会社宅都ホールディングス
#ホテルビュー四天王寺
#民泊サービス
#インバウンド需要
#バケーションレンタルサービス
#シェアハウス
#ルームシェア
#箱根
#葛飾区
#NEST INN HAKONE俵石閣
#柴又FU−TEN Bed&Local
#NPO法人アーキペラゴ
#民泊市場
#住宅宿泊事業者
#住宅宿泊仲介業者
#TATERU
#スマート民泊
#民泊ビジネスパッケージ
#民泊仲介業者
#FNN
#総務省
#IoTサービス創出支援事業
#株式会社ピクセラ
#株式会社泉佐野モバイル
#爾後取付け式IoTシステムを用いた民泊向けIoTサービスの実証事業
#Tokyo Reasonable Stay
#レジデンストーキョー大森西
#平和島
#民泊仲介サイト
#株式会社エルグッドヒューマー
#無許可物件
#全国民泊実態調査
#トゥージア
#日本語ページ
#スマートフォンアプリ
#トラベルボイス
#京都市中京区
#自由民主党
#国会
#旅館業許可申請
#Okinawa BnB Reception
#株式会社One Note
#保坂展人
#有識者検討会
#MINPAKU.Biz
#Airstair.jp
#受験生
#ウォンテッドリー株式会社
#就職活動
#トラベルビジョン
#旅館業法の一部を改正する法律案
#田邉泰之
#一般社団法人RCF
#Ctrip.com international Ltd.
#株式会社CTRIP JAPAN
#訪日中国人観光客
#FIT
#Airbnb Open
#女性ホスト
#スーパーホスト
#ホームシェアリングクラブ
#SEWA
#世界女性基金
#Global Fund for Women
#鍵の受け渡し
#本人確認
#24-7株式会社
#ZEN LABO
#店舗
#KEY point
#PIPIhosting
#中国投資家
#荷物配送
#mistersuite
#中国予約サイト
#メトロレジデンシズ
#サービスアパートメント
#カミナリラウンジ
#宿泊の窓口
#インバウンド
#浅草
#ライフルステイ
#Loco Partners
#補助金
#トレタ
#ベルトラ
#日本春秋旅行株式会社
##民泊
##特区民泊
##ヤミ民泊
##大阪市
##旅館
#WeCat
#株式会社ライフル
#成田空港
#観光アプリ
#予約サイト
#株式会社ビジョン
#音声翻訳
#デバイス
#ili
#イリー
#民泊予約サイト
#rakuten
#楽天ライフルステイ
#核心に迫る民泊業界
#メトロレジデンス
#Grapp
#Akizero
#運用代行
#SOZO NEXT #ソーゾーネクスト #アットホスト #運用代行 #中国集客 

【-民泊業界の核心に迫る-】業界最安クラスの手数料で運営するSOZO NEXT今後の展開と具体的戦略

2017/08/13 21:18:02

サービスについて

御社の強みはなんですか?

弊社は親会社がシステム開発の会社ですので、まずは技術力を活かした管理システムを構築しております。システム化することによって、運営効率がよくなるのが一点目。オフィスも新宿住友ビルの中にございますが、親会社と密に連携をとるためでもあります。そして、中国系サイトとシステム上で連携できておりますので、物件の稼働率を上げる努力をしているのが二点目ですね。効率的に、オーナー様に負荷をかけることなく運用支援を実現しております。 そして、三点目として、弊社では温泉旅館やリゾート系ホテルのインバウンド送客支援なども行なっているので、そのノウハウをベースにして、積極的にFIT旅行者へアピールをし、独自の集客プロモーションも頑張っているところです。


また代行サービスについては現在スタートアップ時の写真撮影、紹介文作成ななどを無料提供しており、手厚くオーナー様へのサポートを行っております。しかも、こんな豊富なサービスを提供しているにもかかわらず、オンラインサポート手数料は「8%」と業界最安値クラスで提供できているのが弊社しかないじゃないかと考えております。

そして、オーナーによっては、Airbnbをすでに運用していて他サイトの運用だけを任せたいという方もおりますので、その方々には中国系サイトなどの運用を委託いただく部分代行も承っております。こちらも通常代行と同様8%です。

新宿住友ビル22階にあるオフィスの風景

エリアはどこを中心に運用されているのでしょうか?

現在は首都圏が中心となっておりますが、徐々に大阪、京都、九州、北海道や沖縄まで全国対応していきます。

他代行会社と比較すると比較的安い手数料かと思います。その辺りどうお考えでしょうか?

まず弊社のIT能力を生かして、最初からシステム連携を行ったことで効率アップができているから、運用コストを抑えることができたと思います。そして、弊社では代行事業では収益を追求しようとはしていません。周辺サービスなどの価値を弊社で提供できるようにし、観光で来ている方々に充実したサービスを提供することで収益化を実現し、オーナーの方と双方でwin−winになることを目指しています。

民泊の方の動きで中国の方で多いのは来てアクティビティを決める方が多いことや、他エリアへの宿泊需要喚起が可能であることがわかりましたので、弊社ならではの付加価値提供を行なっていきたいと考えております。

最近の状況はいかがですか?

最近は現行の代行会社に不満を感じており、他社からの乗り換えが多いです。最近は1棟で20-30部屋でやりたいなど、上場企業様などからの問い合わせも参入を見据えて問い合わせが増えております。

ライセンス支援などもあるのでしょうか?

はい。弊社独自で構築しております。建築士、顧問弁護士ネットワークなどございますので、ご要望に応じて提供が可能です。実際に渋谷区でライセンス取得したいなどの相談を受けたこともあります。これまでは個人の方が多かったですが、最近では新規参入検討している法人の相談も増えるようになりました。

中国経由での送客について

中国からの送客に自信をみせる申社長

中国系予約サイトが強いと伺っておりますが中国サイトとの連携はいかがですか?

弊社は中国に強みを持っておりますので、中国経由での集客を積極的に推進しております。システム面では中国の途家を始め、ほとんどの中国系予約サイトとの連携を進めております。ただ各システムがそれぞれのくせもあり、現在奮闘しているところでもあります。

民泊とホテルの違いは中国においてはどうお考えでしょうか?

中国では戸建は別荘という認識をされる方が多いです。都心部ですとマンションが多いので、家の中に階段があり、一戸建てに家族で泊まるニーズが凄くあります。5人以上のミニ集団ですと、シティホテルの予約がなかなか難しく、値段も人数分で取られますので、割高になっているのが事実です。後は、せっかく日本に来ているので、どこでも同じ雰囲気のホテルではなく、本当に日本のお家で泊まる体験もしてみたいと思う人が多くなってきています。

今後について

営業やカスタマーサポートなどのスタッフが打ち合わせ中

住宅宿泊事業法(民泊新法)についてはどうお考えですか?

大歓迎です。これからインバウンド需要は伸びていくことは明白です。中心部もですが、やはり地方の魅力をどう海外のひとに伝えていくかが我々の使命かと思っております。文化を体験することは中国旅行客には大変人気があります。

今後の取り組みについておきかせください

2020年までにはホールセラーの立ち位置として3000物件以上を運用し、周辺で弊社独自のアクティビティや、サンプリングなどのサービスを提供していきたいと考えております。

すでに運用されている方、またホテル、旅館ご担当者の方でインバウン集客にお悩みの方はぜひお気軽にお問い合わせください。またパートナー様も募集しております、ご連絡お待ちしております。

アットホストへの相談はこちら
L line
ログインをすると掲示板にコメントができます