タグ
#民泊ニュース
#民泊
#Airbnb・民泊セミナー
#Airbnb
#東京の民泊セミナー
#新サービスリリース
#地域ニュース
#民泊セミナー
#Airbnbセミナー
#民泊新法
#東京都
#住宅宿泊事業法
#渋谷区
#事業提携
#法規制・条例
#特区民泊
#セミナー
#海外ニュース
#民泊データ分析
#民泊データ
#Airbnbデータ
#民泊件数
#民泊分析
#民泊宿泊単価
#民泊稼働率
#調査・レポート
#民泊サイト
#大阪市
#HomeAway
#メトロエンジン株式会社
#STAY JAPAN
#株式会社百戦錬磨
#イベント民泊
#大阪府
#住宅宿泊事業法案
#観光庁
#旅館業法
#大阪の民泊セミナー
#大阪
#バケーションレンタルEXPO
#株式会社iVacation
#シェアリングエコノミー
#ヤミ民泊
#Booking.com
#株式会社インベスターズクラウド
#途家
#日本経済新聞
#BnB Insight
#大田区
#とまれる株式会社
#AsiaYo
#IoT
#株式会社オックスコンサルティング
#北区
#民泊新法案
#AirHost
#JNTO
#国家戦略特区
#株式会社エボラブルアジア
#楽天
#インバウンド
#中国
#TripBiz
#年間営業日数
#民泊ダッシュボード
#Tujia
#AirTrip
#Airporter
#楽天LIFULL STAY
#ダイバージェント株式会社
#青森県
#日本政府観光局
#TATERU Phone
#世田谷区
#比較.com
#BnB Insight北海道
#BnB Insight沖縄県
#BnB Insight福岡県
#BnB Insight京都府
#BnB Insight大阪府
#BnB Insight東京都
#弘前市
#自在客
#Agoda
#民泊トラブル
#地方創生
#Airbnb Japan株式会社
#中央区
#厚生労働省
#博多区
#簡易宿所
#エアトリ
#suitebook
#Relux
#台湾
#罰金
#無許可営業
#民泊マンション
#とまれる
#メトロデータ
#青森県弘前市
#民泊営業日数
#ブルームバーグ
#bloomberg
#バルセロナ
#ホームシェアリング
#カナダ
#アムステルダム
#民泊とは?
#ホームシェア
#新宿区
#住宅宿泊管理業者
#一般社団法人シェアリングエコノミー協会
#ニューヨーク市
#株式会社レジデンストーキョー
#営業日数制限
#梅田
#行政書士事務所
#EXPO
#キャンペーン
#東日本大震災
#短期賃貸
#閣議決定
#罰則
#SQUEEZE
#楽天LIFULLSTAY
#楽天株式会社
#マンスリーマンション
#サブリース
#民泊代行
#関西
#法律
#簡易宿所
#ホテル
#旅館業
#保険
#税金
#トラブル
#HOST BOARD
#民泊
#ビジネス出張
#ビジネス向け民泊
#神奈川県
#ラグビーワールドカップ
#民泊許可
#旅館業法許可施設一覧
#2020年東京五輪
#無許可民泊
#東京オリンピック・パラリンピック
#ロイター日本語ニュース
#民泊のサービスのあり方に関する検討会
#日本旅館協会
#2017年通常国会
#日本旅館協会関西支部連合会
#京王電鉄株式会社
#京王グループ
#KARIO KAMATA
#カリオ カマタ
#蒲田
#規制改革実施計画
#琉球新報
#沖縄市観光物産振興協会
#とまれる沖縄株式会社
#ツール
#ホテル分析
#訪日外国人観光客
#アウンコンサルティング株式会社
#個人旅行
#消費行動
#さくらまつり
#ねぷたまつり
#政府
#自民党
#地方自治体
#ガイドライン
#2020年
#EBITDA
#Fortune
#フォーチュン
#スペイン
#徴税
#モントリオール
#Luxury Retreats
#ラグジュアリー・リトリーツ
#ジョー・パウリン
#買収
#合同会社エアホスト
#AirHost Web
#株式会社農協観光
#農泊モデルづくり
#農山漁村余暇法
#Japan Farm Stay
#シカゴ
#訪日外国人客数
#みずほ総合研究所
#インバウンド消費
#一般社団法人九州民泊協会
#西日本新聞
#簡易宿所の規制緩和
#九州民泊協会
#民泊トラブル対策
#民泊トラブル対応
#syn.m2m
#maturi technologies株式会社
#マツリテクノロジーズ
#nimomin
#株式会社宅都ホールディングス
#ホテルビュー四天王寺
#民泊サービス
#インバウンド需要
#バケーションレンタルサービス
#シェアハウス
#ルームシェア
#箱根
#葛飾区
#NEST INN HAKONE俵石閣
#柴又FU−TEN Bed&Local
#NPO法人アーキペラゴ
#民泊市場
#住宅宿泊事業者
#住宅宿泊仲介業者
#TATERU
#スマート民泊
#民泊ビジネスパッケージ
#民泊仲介業者
#FNN
#総務省
#IoTサービス創出支援事業
#株式会社ピクセラ
#株式会社泉佐野モバイル
#爾後取付け式IoTシステムを用いた民泊向けIoTサービスの実証事業
#Tokyo Reasonable Stay
#レジデンストーキョー大森西
#平和島
#民泊仲介サイト
#株式会社エルグッドヒューマー
#無許可物件
#全国民泊実態調査
#トゥージア
#日本語ページ
#スマートフォンアプリ
#トラベルボイス
#京都市中京区
#自由民主党
#国会
#旅館業許可申請
#Okinawa BnB Reception
#株式会社One Note
#保坂展人
#有識者検討会
#MINPAKU.Biz
#Airstair.jp
#受験生
#ウォンテッドリー株式会社
#就職活動
#トラベルビジョン
#旅館業法の一部を改正する法律案
#田邉泰之
#一般社団法人RCF
#Ctrip.com international Ltd.
#株式会社CTRIP JAPAN
#訪日中国人観光客
#FIT
#Airbnb Open
#女性ホスト
#スーパーホスト
#ホームシェアリングクラブ
#SEWA
#世界女性基金
#Global Fund for Women
#鍵の受け渡し
#本人確認
#24-7株式会社
#ZEN LABO
#店舗
#KEY point
#PIPIhosting
#中国投資家
#荷物配送
#mistersuite
#中国予約サイト
#メトロレジデンシズ
#サービスアパートメント
#カミナリラウンジ
#宿泊の窓口
#インバウンド
#浅草
#ライフルステイ
#Loco Partners
#補助金
#トレタ
#ベルトラ
#日本春秋旅行株式会社
##民泊
##特区民泊
##ヤミ民泊
##大阪市
##旅館
#WeCat
#株式会社ライフル
#成田空港
#観光アプリ
#予約サイト
#株式会社ビジョン
#音声翻訳
#デバイス
#ili
#イリー
#民泊予約サイト
#rakuten
#楽天ライフルステイ
#核心に迫る民泊業界
#メトロレジデンス
#Grapp
#Akizero
#運用代行
#楽天 #楽天LIFULL STAY #楽天ライフルステイ #民泊予約サイト #核心に迫る民泊業界 

【-民泊業界の核心に迫る-】楽天LIFULL STAY今後の展開と具体的戦略

2017/07/24 11:54:53

提供サービスについて

どのようなサービス作りをされていくのでしょうか?

個人・法人オーナー、ホストの方が提供する民泊、簡宿双方を取り込めるようなシステム、サイト展開を目指しています。
また部屋販売にとどまらず、体験型アクティビティなどを掲載できる仕組みなども盛り込んでいく予定です。

手数料はどのようになっているのでしょうか?

提供するサービスとしては3プランを予定しています。
1つは予約サイトとしての送客、もう1つは現地対応も含めた代行サービスを包括したフルプランパッケージ、
そして現地対応は除外した問い合わせ対応のみの代行パッケージの3つになります。

3つにわけた理由としては、不動産を活用される方々にも様々なタイプがいらっしゃると考えているからです。
すでに事業をされている管理会社様などは、現地対応などは必ずしも必要でないため管理画面を利用し、送客のみを提供する方法もございますし、多言語対応などが不安であるというオーナー様には問い合わせ対応などのサポートを楽天LIFULL STAYとして提供させていただこうと考えています。フルプランパッケージでは送客手数料込みで25%で提供予定でおります。

管理画面だけ使うモデルに関しましては、オーナー様と利用するユーザー様双方から手数料を頂くモデルを現在検討しています。オーナー様がご負担する手数料についてはカード手数料等、実費に近い形での負担というところで現在検討しています。

対応エリアはどのような展開を予定しているのでしょうか?

フルプランパッケージの対応エリアは、東京23区、京都市内、大阪市内、福岡市内からスタートさせていただく予定です。尚、対応エリアについては地方も含めて随時拡大していく予定です。

差別化戦略について

他社と比較した際の差別化点を教えていただけますか?

ワンストップ化がやはり肝になるかなと考えています。
ワンストップとは販路を取りまとめることと、運用も取りまとめるサービスを一気通貫で提供するこということです。

今の運用の現状を見ると、例えば集客をする際も、 個別に予約サイトに登録して同じ物件をサイトごとに1から登録しないといけなかったり、在庫 更新もそれぞれでしないといけなかったりするので非常に手間と労力が必要になります。

楽天LIFULL STAYと契約をすれば、提携している契約先全てに販路が広がるという点と運用を委託できる点でオーナー様から見た際にすごく使い勝手のよいサイトになりますし、その視点でシステム開発、提携等進めております。

手間なく一元管理できることが大きな差別化ポイントとなりそうだ

宿泊運営に関わる各種法律について

楽天LIFULL STAYとして住宅宿泊事業法に関するサポートなどは行なっていくのでしょうか?

ご注意いただきたいのは、物件によっては民泊新法という手段が必ずしも最適な解決策ではないということです。宿泊需要を見極めることが必要で物件の所在地、スペックなどによっては賃貸、旅館業に基づいた簡易宿所等をおすすめすることも十分ございます。その点では現在実施しているセミナーに参加された方限定で、シミュレーションなどを無料で行わせていただいております。

関連記事:初開催、今後の動きに注目!楽天LIFULL STAYセミナー
https://portal.tomaruyo.com/boards/b/438

住宅宿泊事業法におけるマンスリー活用について

180日上限の中でマンスリー併用などの取り組みを発表していますが、マンスリー市場についての見通しはどうお考えですか?

マンスリーの動きは2点で成長余力があると考えています。
1つはマンスリー運用の成功事例が多く出てきていること。これはセミナーなどで事例を出させていただいてますが、こうした事例にヒントがあり、取り組み次第でまだまだ伸ばせると考えています。またそもそもマンスリーサービスを認知していない、情報にたどり着けていない一般ユーザーの方も多くいるのではと思っています。旅行予約に関連する過去データから60日間を各30日予約しているケースも実際にございます。これはホテルで宿泊を取られる方向けになりますが、こうした方々にキッチンで調理ができたり、なじみのある家具、家電があったりする、普段の生活の延長のように過ごせるマンスリーサービスをこの取り組みを通じて多くの方に知ってもらえるようにしたいと思っています。

もう一つはインバウンドマンスリーについても伸びしろがあると考えています。先日楽天グループとしてメトロレジデンスへの出資を発表しましたが、海外からのマンスリーというのは新たな需要でまだまだ掘り起こしていくことが可能であると考えており、こちらに関してはメトロレジデンスと密な連携を図っていきたいと考えています。

関連記事:楽天、ビジネス向けサービスアパート予約サイトへ3億円出資
https://portal.tomaruyo.com/boards/b/176

民泊関連事業者との提携について

具体的に検討している取り組みはございますか?

オーナー様からの細かなニーズに応じて柔軟に動いていきたいと考えています。先ほど申し上げた代行パッケージを検討される方の中でリノベーション、家具などの相談を受けることが多いので、そうした周辺サービスの商品ラインナップも今後拡充していきたいと考えています。一番相談が多いのが家具ですね。大阪でセミナーを実施した時は7割以上の方が家具に興味があるという回答を得られましたのでニーズがあるものについては積極的に取り組んでいきたいと考えていきます。またその次に保険も気になられている方が多いため商品化についても検討しています。

LIFULL・空き家データバンクとの提携について

先日発表のあったLIFULLの取り組みに関して、楽天LIFULL STAYとの提携はあるのでしょうか?

提携を推進していく予定です。LIFULLサイドとうまく連携を行い、空き家活用に関する取り組みを一緒に推進していきたいと考えています。

関連記事:全国版空き家バンク、今年夏に始動 民泊サービスとも連携 実施事業者にLIFULL
https://portal.tomaruyo.com/boards/b/362

これから民泊を検討しているオーナー、ホストへのメッセージ

今後楽天LIFULL STAYに大きな期待を持っていらっしゃる方にメッセージをお願いいたします

とにかく楽天LIFULL STAYの強みとしてはより手間なくご利用いただける、より集客力のあるサイトであるということだと思います。民泊に関してはあまり良くないイメージを抱かれる方もいますが、新たな民泊マーケットの健全な発展、土壌づくりができるよう取り組んでいきます。一緒に安全、安心な民泊を推進していきたいと思っていますのでぜひご興味のある個人オーナー、ホスト、法人ご担当者様はお気軽にお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

関連記事:最新セミナー情報
https://portal.tomaruyo.com/boards/b/438

L line
ログインをすると掲示板にコメントができます