タグ
#民泊ニュース
#Airbnb・民泊セミナー
#東京の民泊セミナー
#Airbnb
#新サービスリリース
#民泊セミナー
#Airbnbセミナー
#民泊
#地域ニュース
#東京都
#民泊新法
#渋谷区
#住宅宿泊事業法
#民泊データ分析
#民泊データ
#Airbnbデータ
#民泊件数
#民泊分析
#民泊宿泊単価
#民泊稼働率
#事業提携
#セミナー
#法規制・条例
#調査・レポート
#海外ニュース
#HomeAway
#大阪市
#住宅宿泊事業法案
#メトロエンジン株式会社
#旅館業法
#民泊サイト
#特区民泊
#観光庁
#STAY JAPAN
#イベント民泊
#大阪
#株式会社百戦錬磨
#大阪の民泊セミナー
#バケーションレンタルEXPO
#大阪府
#ヤミ民泊
#とまれる株式会社
#民泊新法案
#BnB Insight
#Booking.com
#AirHost
#株式会社iVacation
#株式会社オックスコンサルティング
#途家
#大田区
#JNTO
#国家戦略特区
#IoT
#株式会社インベスターズクラウド
#北区
#日本経済新聞
#株式会社エボラブルアジア
#Airporter
#年間営業日数
#AsiaYo
#日本政府観光局
#Tujia
#世田谷区
#BnB Insight北海道
#BnB Insight沖縄県
#BnB Insight福岡県
#BnB Insight京都府
#BnB Insight大阪府
#BnB Insight東京都
#ダイバージェント株式会社
#民泊ダッシュボード
#青森県
#自在客
#Agoda
#Airbnb Japan株式会社
#厚生労働省
#TATERU Phone
#AirTrip
#suitebook
#楽天
#Relux
#TripBiz
#罰金
#無許可営業
#とまれる
#青森県弘前市
#弘前市
#ブルームバーグ
#bloomberg
#バルセロナ
#ホームシェアリング
#アムステルダム
#民泊トラブル
#民泊とは?
#ホームシェア
#新宿区
#住宅宿泊管理業者
#株式会社レジデンストーキョー
#中央区
#梅田
#行政書士事務所
#EXPO
#東日本大震災
#短期賃貸
#簡易宿所
#閣議決定
#エアトリ
#SQUEEZE
#法律
#簡易宿所
#ホテル
#旅館業
#保険
#税金
#トラブル
#HOST BOARD
#民泊
#ビジネス出張
#ビジネス向け民泊
#神奈川県
#ラグビーワールドカップ
#民泊許可
#旅館業法許可施設一覧
#2020年東京五輪
#無許可民泊
#東京オリンピック・パラリンピック
#ロイター日本語ニュース
#民泊のサービスのあり方に関する検討会
#日本旅館協会
#2017年通常国会
#日本旅館協会関西支部連合会
#民泊マンション
#京王電鉄株式会社
#京王グループ
#KARIO KAMATA
#カリオ カマタ
#蒲田
#規制改革実施計画
#琉球新報
#沖縄市観光物産振興協会
#とまれる沖縄株式会社
#ツール
#ホテル分析
#メトロデータ
#訪日外国人観光客
#アウンコンサルティング株式会社
#個人旅行
#消費行動
#さくらまつり
#ねぷたまつり
#政府
#自民党
#地方自治体
#ガイドライン
#民泊営業日数
#2020年
#EBITDA
#Fortune
#フォーチュン
#スペイン
#徴税
#カナダ
#モントリオール
#Luxury Retreats
#ラグジュアリー・リトリーツ
#ジョー・パウリン
#買収
#合同会社エアホスト
#AirHost Web
#株式会社農協観光
#農泊モデルづくり
#農山漁村余暇法
#Japan Farm Stay
#シカゴ
#訪日外国人客数
#みずほ総合研究所
#インバウンド消費
#一般社団法人九州民泊協会
#西日本新聞
#簡易宿所の規制緩和
#九州民泊協会
#民泊トラブル対策
#民泊トラブル対応
#syn.m2m
#maturi technologies株式会社
#マツリテクノロジーズ
#nimomin
#株式会社宅都ホールディングス
#ホテルビュー四天王寺
#民泊サービス
#地方創生
#インバウンド需要
#バケーションレンタルサービス
#シェアハウス
#ルームシェア
#箱根
#葛飾区
#NEST INN HAKONE俵石閣
#柴又FU−TEN Bed&Local
#NPO法人アーキペラゴ
#民泊市場
#住宅宿泊事業者
#住宅宿泊仲介業者
#TATERU
#スマート民泊
#民泊ビジネスパッケージ
#一般社団法人シェアリングエコノミー協会
#ニューヨーク市
#民泊仲介業者
#FNN
#総務省
#IoTサービス創出支援事業
#株式会社ピクセラ
#株式会社泉佐野モバイル
#爾後取付け式IoTシステムを用いた民泊向けIoTサービスの実証事業
#Tokyo Reasonable Stay
#レジデンストーキョー大森西
#平和島
#民泊仲介サイト
#株式会社エルグッドヒューマー
#無許可物件
#全国民泊実態調査
#トゥージア
#日本語ページ
#スマートフォンアプリ
#トラベルボイス
#博多区
#京都市中京区
#自由民主党
#国会
#営業日数制限
#旅館業許可申請
#Okinawa BnB Reception
#株式会社One Note
#保坂展人
#有識者検討会
#MINPAKU.Biz
#Airstair.jp
#受験生
#キャンペーン
#ウォンテッドリー株式会社
#就職活動
#トラベルビジョン
#旅館業法の一部を改正する法律案
#田邉泰之
#一般社団法人RCF
#罰則
#Ctrip.com international Ltd.
#株式会社CTRIP JAPAN
#訪日中国人観光客
#FIT
#Airbnb Open
#女性ホスト
#スーパーホスト
#ホームシェアリングクラブ
#SEWA
#世界女性基金
#Global Fund for Women
#鍵の受け渡し
#本人確認
#24-7株式会社
#ZEN LABO
#店舗
#KEY point
#PIPIhosting
#中国投資家
#荷物配送
#mistersuite
#中国予約サイト
#メトロレジデンシズ
#サービスアパートメント
#カミナリラウンジ
#宿泊の窓口
#インバウンド
#浅草
#ライフルステイ
#Loco Partners
#suitebook #mistersuite #SQUEEZE 

スクイーズ、民泊からマンスリーまで一元管理できる「suite book(スイートブック)」β版をリリース

2017/04/8 20:02:43

SQUEEZEについて

SQUEEZEは、ホテル・民泊・旅館といった宿泊事業に特化し、運用業務をタスクごとに専業の登録ユーザーとマッチングする効率的なクラウドソーシングサービス「mister suite(ミスタースイート)」を展開しており、今回の新ツールsuitebookは、mister suiteより管理物件の予約や清掃管理のシステム部分を切り出したSaaSモデル型サービスとなっている。

民泊・ホテル・旅館物件オーナー様だけでなく、不動産管理業者様に、特にマンスリーなどの短期貸しの管理などにも使えるツールとして拡販していくという。

マンスリーマンション・民泊を含む物件の短期貸しは、オペレーションから予約、契約、入金管理など工数が多く、管理が煩雑になりがちだが、suitebookを使って物件状況を一元管理することで、物件の稼働率、必要なタスクを一目で把握することが可能になる。

このため、短期貸しや民泊をすでに自社運営されている法人様はもちろんのこと、これから短期貸し事業への参入を予定されている法人様でもスムーズな新規事業立ち上げが可能となるとのことだ。また、suitebookによる管理業務の効率化や入居者の満足度向上を通して、継続的な物件の収益改善も期待できるそうだ。

β版リリース開始に伴い、期間限定にて無料導入が可能となっている。

suitebookの主な機能について

1. 複数の民泊(Airbnb)アカウント管理

一度登録を済ませれば、Airbnbにログイン、ログアウトを繰り返すことなく一括で管理。

2. 滞在・予約・清掃などのスケジュールを一元管理

現在の入居者情報、予約情報、清掃ステータスなど、オペレーションに必要な全ての情報を一つのカレンダーに管理。

3. 清掃スタッフとのコミュニケーション一元管理

清掃スタッフを登録し、将来の清掃案件を自動または手動で割振ることが可能。
クリーニングのガイドを用意することで、毎回の清掃スタッフとのコミュニケーションにかける時間を短縮。

4. 清掃完了レポートの確認

毎回の清掃完了レポートを、物件のカレンダーページから確認が可能。

5. 清掃スタッフ専用の管理画面

清掃スタッフ専用の管理画面にて、清掃一覧確認・依頼の承諾・レポートの提出が可能。
清掃物件の入退室マニュアル・清掃マニュアルの閲覧。

6. 民泊サイト以外の予約情報追加

民泊サイト以外(自社メディアやマンスリー仲介サイト)からの予約も、手動で物件カレンダーに追加可能。
追加された予約の清掃手配などは、他の予約と同様にシステムから扱うことが可能。

7. 客室単価、売り止め設定

繁忙期・閑散期、空き状況に合わせ、戦略的な単価設定やカレンダーのブロックといった調節も、全てシステムから管理が可能。

8. 全ての情報をクラウド一元管理

インターネットさえあれば、どこからでも物件を遠隔管理。

9. メッセージ自動送信機能

予約を受けつけると、事前に準備した定型文をシステムが自動で送信。
定型文の内容と送信タイミングを自由に設定することが可能。

suitebookサイトへmistersuiteへ相談する

管理画面イメージ

L line
ログインをすると掲示板にコメントができます