タグ
#民泊ニュース
#Airbnb・民泊セミナー
#東京の民泊セミナー
#Airbnb
#新サービスリリース
#民泊セミナー
#Airbnbセミナー
#民泊
#地域ニュース
#東京都
#民泊新法
#渋谷区
#住宅宿泊事業法
#民泊データ分析
#民泊データ
#Airbnbデータ
#民泊件数
#民泊分析
#民泊宿泊単価
#民泊稼働率
#事業提携
#セミナー
#法規制・条例
#調査・レポート
#海外ニュース
#HomeAway
#大阪市
#住宅宿泊事業法案
#メトロエンジン株式会社
#旅館業法
#民泊サイト
#特区民泊
#観光庁
#STAY JAPAN
#イベント民泊
#大阪
#株式会社百戦錬磨
#大阪の民泊セミナー
#バケーションレンタルEXPO
#大阪府
#ヤミ民泊
#とまれる株式会社
#民泊新法案
#BnB Insight
#Booking.com
#AirHost
#株式会社iVacation
#株式会社オックスコンサルティング
#途家
#大田区
#JNTO
#国家戦略特区
#IoT
#株式会社インベスターズクラウド
#北区
#日本経済新聞
#株式会社エボラブルアジア
#Airporter
#年間営業日数
#AsiaYo
#日本政府観光局
#Tujia
#世田谷区
#BnB Insight北海道
#BnB Insight沖縄県
#BnB Insight福岡県
#BnB Insight京都府
#BnB Insight大阪府
#BnB Insight東京都
#ダイバージェント株式会社
#民泊ダッシュボード
#青森県
#自在客
#Agoda
#Airbnb Japan株式会社
#厚生労働省
#TATERU Phone
#AirTrip
#suitebook
#楽天
#Relux
#TripBiz
#罰金
#無許可営業
#とまれる
#青森県弘前市
#弘前市
#ブルームバーグ
#bloomberg
#バルセロナ
#ホームシェアリング
#アムステルダム
#民泊トラブル
#民泊とは?
#ホームシェア
#新宿区
#住宅宿泊管理業者
#株式会社レジデンストーキョー
#中央区
#梅田
#行政書士事務所
#EXPO
#東日本大震災
#短期賃貸
#簡易宿所
#閣議決定
#エアトリ
#SQUEEZE
#法律
#簡易宿所
#ホテル
#旅館業
#保険
#税金
#トラブル
#HOST BOARD
#民泊
#ビジネス出張
#ビジネス向け民泊
#神奈川県
#ラグビーワールドカップ
#民泊許可
#旅館業法許可施設一覧
#2020年東京五輪
#無許可民泊
#東京オリンピック・パラリンピック
#ロイター日本語ニュース
#民泊のサービスのあり方に関する検討会
#日本旅館協会
#2017年通常国会
#日本旅館協会関西支部連合会
#民泊マンション
#京王電鉄株式会社
#京王グループ
#KARIO KAMATA
#カリオ カマタ
#蒲田
#規制改革実施計画
#琉球新報
#沖縄市観光物産振興協会
#とまれる沖縄株式会社
#ツール
#ホテル分析
#メトロデータ
#訪日外国人観光客
#アウンコンサルティング株式会社
#個人旅行
#消費行動
#さくらまつり
#ねぷたまつり
#政府
#自民党
#地方自治体
#ガイドライン
#民泊営業日数
#2020年
#EBITDA
#Fortune
#フォーチュン
#スペイン
#徴税
#カナダ
#モントリオール
#Luxury Retreats
#ラグジュアリー・リトリーツ
#ジョー・パウリン
#買収
#合同会社エアホスト
#AirHost Web
#株式会社農協観光
#農泊モデルづくり
#農山漁村余暇法
#Japan Farm Stay
#シカゴ
#訪日外国人客数
#みずほ総合研究所
#インバウンド消費
#一般社団法人九州民泊協会
#西日本新聞
#簡易宿所の規制緩和
#九州民泊協会
#民泊トラブル対策
#民泊トラブル対応
#syn.m2m
#maturi technologies株式会社
#マツリテクノロジーズ
#nimomin
#株式会社宅都ホールディングス
#ホテルビュー四天王寺
#民泊サービス
#地方創生
#インバウンド需要
#バケーションレンタルサービス
#シェアハウス
#ルームシェア
#箱根
#葛飾区
#NEST INN HAKONE俵石閣
#柴又FU−TEN Bed&Local
#NPO法人アーキペラゴ
#民泊市場
#住宅宿泊事業者
#住宅宿泊仲介業者
#TATERU
#スマート民泊
#民泊ビジネスパッケージ
#一般社団法人シェアリングエコノミー協会
#ニューヨーク市
#民泊仲介業者
#FNN
#総務省
#IoTサービス創出支援事業
#株式会社ピクセラ
#株式会社泉佐野モバイル
#爾後取付け式IoTシステムを用いた民泊向けIoTサービスの実証事業
#Tokyo Reasonable Stay
#レジデンストーキョー大森西
#平和島
#民泊仲介サイト
#株式会社エルグッドヒューマー
#無許可物件
#全国民泊実態調査
#トゥージア
#日本語ページ
#スマートフォンアプリ
#トラベルボイス
#博多区
#京都市中京区
#自由民主党
#国会
#営業日数制限
#旅館業許可申請
#Okinawa BnB Reception
#株式会社One Note
#保坂展人
#有識者検討会
#MINPAKU.Biz
#Airstair.jp
#受験生
#キャンペーン
#ウォンテッドリー株式会社
#就職活動
#トラベルビジョン
#旅館業法の一部を改正する法律案
#田邉泰之
#一般社団法人RCF
#罰則
#Ctrip.com international Ltd.
#株式会社CTRIP JAPAN
#訪日中国人観光客
#FIT
#Airbnb Open
#女性ホスト
#スーパーホスト
#ホームシェアリングクラブ
#SEWA
#世界女性基金
#Global Fund for Women
#鍵の受け渡し
#本人確認
#24-7株式会社
#ZEN LABO
#店舗
#KEY point
#PIPIhosting
#中国投資家
#荷物配送
#mistersuite
#中国予約サイト
#メトロレジデンシズ
#サービスアパートメント
#カミナリラウンジ
#宿泊の窓口
#インバウンド
#浅草
#ライフルステイ
#Loco Partners
#Airporter #荷物配送 

民泊専用、スマホで「手ぶら観光」を注文できる 当日配送サービス“Airporter” が正式リリース

2017/04/6 18:29:10

Airporterとは

 Airporterは、Airport(空港)とPorter(運搬人)をかけ合わせた造語です。フライト時刻の都合で「レイトチェックアウトしたい(荷物を預けたい)ゲスト」と、清掃の都合で「レイトチェックアウトさせられない(荷物を預かれない)ホスト」のギャップを解決するために開発された、空港-民泊施設間限定の当日配送運搬サービス。β版はすでに都内300カ所に導入されているという。

Airporterが誕生するまでの背景

チェックアウト後は、荷物の移動が絶対に必要となり、昼便ならば空港へ直行が可能だ。しかし、LCCを活用する場合、”深夜”の搭乗まで重い荷物を引くことになるため出発時間のギリギリまで観光を愉しみたいはずの旅行者が、旅程の最終日に荷物を引きずり途方に暮れる「観光難民」と化す現実がまさに起きているのだという。そこで、IoTを活用し、スマホで「当日配送の手ぶら観光」を注文、決済できるAirporterの仕組みを開発するに至ったという。

Airporterの三方良し

ゲストが喜ぶ:宿泊体験が向上するのでレビューが厚くなる

現状、手ぶら観光するにはコインロッカーを活用するしかない。しかし、複数のスーツケースを一度に収納できる場所を探すのは困難。仮に収納できたとしても、結局空港までは重い荷物をガラガラ引く必要があった。
当日に直接集荷へ伺い「ゲストが出国のギリギリまで日本を愉しめる」仕組みをAirporterが構築した。

ホストが喜ぶ:導入は無料!ホスピタリティの面で簡単に差別化が可能

「レイトチェックアウトをさせて欲しい」。効率を優先するため、この問い合わせに”NO”と答えている
 ホストは少なくない。しかし「終わりよければすべて良し」。ゲストからの最後のリクエストに対して”NO”と答えるのは得策と言えない。Airporterを導入すれば、”NO”と断り続けているライバルを差し置いて、自分の部屋だけ ”YES” と代案を提案することが可能となっている。

近隣住民が喜ぶ:騒音トラブルを劇減

民泊をめぐるトラブルで上位ランキングの常連となっているのが「騒音問題」(民泊ポリス苦情ランキング)。ここで盲点になっている音がスーツケースを引きずるガラガラ音。よく知らない外国人が荷物を引きずりながら施設に入るシーンは、近隣住民にとって「不安」以外の何物でもない。Airporterはスマートな民泊経営を応援します。

気になる料金は?

・手荷物(買い物袋・リュックサック等) 0円/個
スーツケース4個以上の注文で「無料」

・スーツケース(機内持込サイズ) 2,000円/個
縦・横・幅の3辺の和が115cm以内 (55cm×40cm×25cm以内)

・スーツケース(受託手荷物サイズ) 2,500円/個
縦・横・幅の3辺の和が160cm以内かつ30kg以内

・その他(ゴルフバッグ/ スキー板/ スノーボード/ サーフボード等) 3,500円/個

今後の展開

今後は、2017年度内に、東京で5,000カ所、2018年度には大阪へ展開、全国10,000カ所の導入を目指すという。サービス面では、アーリーチェックインへの対応をはじめ、ゲストへの手紙直渡しサービス、ホテル
やゲストハウスへのサービス開始も順次リリースします。日本の玄関を起点とした「おもてなし」の提供で、
観光立国日本の一助となれることを目指している。

Airporterサイト(ホスト向け)はこちら

 

Airporterも出展する民泊EXPOプレミアム2017はこちら
L line
ログインをすると掲示板にコメントができます